『サーマル』ってなに? オススメのサーマルアイテムを紹介

f:id:bo-yang:20210224124759j:plain

どうも、ムジ太郎(@mujitaro_mujibu)です。

メンズアイテムのトップスの種類って意外と少ないですよね。

春夏だとTシャツかロンT、秋冬だとスウェットかニットくらいです。

そのため、クローゼットも同じような服が増えてしまいます。

 

そんな時にちょっとした変化を与えてくれるトップスが『サーマル』です。

凹凸感のある生地で、スウェットとロンTの中間くらいの厚さなので、季節の変わり目などに1枚持っていると非常に便利です。

今回は『サーマル』について書いていこうと思います。

今までとはちょっと変わったトップスを探している方の参考になれば嬉しいです。

 

『サーマル』ってなに?

Thermal(サーマル)は『熱の、温度の、保温性の高い』などという意味があり、保温・防寒用に作られたカットソーのことを言います。

サーマルの歴史は詳しくわかっていませんが、1910年代にはウールやコットンでサーマルが生産されていましたので、歴史は結構長いんです。

当時はアウトドア用などの防寒用肌着などとして使用されていました。

 

そしてそんなサーマルの保温・防寒性に目をつけたのが各国のミリタリーです。

厳しい環境下で兵士が寒さから身を守るためにサーマルのインナーが採用され、第二次世界大戦期から現代に到るまで採用され続けています。

ミリタリーに採用され続けていることからも、サーマルの持つ保温・防寒性が優れていることが分かりますね。

画像は40s~50sのスウェーデン軍のサーマルです。

f:id:bo-yang:20210223162703j:plain

https://www.fortyone-s.com/fs/fortyone/gd9964

 

サーマルの特徴

サーマルの特徴は、凹凸感のある素材です。

この凹凸の中に空気の層ができるため、保温性が高いんですよね。

また、凹凸感があることで、肌離れがよく汗をかいても、身体にくっつきにくく、身体を冷やしにくいメリットもあります。

保温性を高めるため、身体にフィットさせる必要があるので伸縮性にも優れており、着心地も非常に良いです。

実際に着てみると厚手のスウェットよりも暖かく感じます。

 

サーマルには2種類ある

サーマル生地には『ワッフル』と『ハニカム』の2種類があります。

どちらの生地も保温性・伸縮性に優れており、機能的には大きな違いはないです。

『ワッフル』

名前の通りスイーツのワッフルの様な立体感のある編み地のことをいいます。

一般的にサーマルと聞いて、多くの方が思い浮かべるのはワッフル生地の方だと思います。

カジュアルな印象で、最近ではレディースでもよく使われています。

f:id:bo-yang:20210224094949j:plain

 

『ハニカム』

ハニカムは蜂の巣(Honeycomb)の様な立体的な六角形模様の編み地のことをいいます。

ワッフルはドライでザラっとした風合いですがハニカムは柔らかくてしっとりとしたものが多いです。

見た目もカジュアルというより、アウトドアやスポーツテイストです。

 

ハニカムはヴィンテージやミリタリーアイテムでは度々見かけますが、最近の主流はワッフルなので、ハニカムを見る機会はかなり少ないです。

f:id:bo-yang:20210224095243j:plain

 

サーマル選びのコツ

サーマルは基本的にはインナーとして作られていたため、ピッタリとした細身のものが多いです。

インナーに使うなら問題ないですが、1枚で着るのは難しいです。

画像はヘインズのヘンリーネックサーマルですが、ピタッとしたサイズ感で、乳首も浮いてしまいそうです。

f:id:bo-yang:20210224125538j:plain(Hanes Online Store)

 

そこでオススメなのがゆったり着れるサーマル

ロンTの様なサイズ感で、インナーとしても1枚としても着れるので使い勝手が良いです。

身体にフィットしない分、保温性は弱くなりますが、逆に季節関係なしに着れるため1年中使える便利なアイテムです。

 

ゆったり着れるおすすめのサーマル

ムジ太郎もサーマルが好きなので、いろいろと探しましたが、定番商品で値段が安く、ゆったり着れるサーマルって本当に少ないんですよね。

その中でオススメ3ブランドを紹介します。

 

PRO CLUB

PROCLUBのサーマルはロンTをワッフルに変えただけっていうくらい、ゆったりしていて通常のサーマルとは一線を画すアイテムです。

サイズがゆったりしているのに、首回りは詰まっていてだらしなさが無いですし、着丈も長めで、レイヤードもしやすいです。

生地もヘビーウェイトで、透けも一切気になりません。

定番アイテムなので、いつでも買い換えることができますし、値段も3000円以内で買えるので色バリでも揃えやすいです。

ムジ太郎的にはNO.1サーマルです。

f:id:bo-yang:20210224213226p:plainhttps://zozo.jp/shop/rooptokyo/goods/52759602/?did=86462709&rid=1203

 

以前の記事で紹介してますので、気になる方はチェックしてみてください。

www.mujibu.co

 

PRO5

PRO5はPROCLUBと同じロサンゼルスのブランドです。

日本ではまだ知名度は低いですが、PROCLUBを凌ぐ勢いで成長している注目ブランドです。

PRO5の特徴はPROCLUBといろいろとそっくりなところです(笑)

サイズ感、首のつまり具合、ピスネームの付け位置、ブランドネームのデザインなど、どこをとってもほぼPROCLUBです。

ただ、生地のオンスはPROCLUBが8.1ozに対して、PRO5は9.2ozとPRO5の方が少し厚手になっています。

よりヘビーウェイトな生地が好みの方はPRO5がオススメです。

ただ、取り扱い店舗が非常に少なく、一部の個店さんにある程度です。

下記は取り扱いショップのリンクになります。

www.rawdrip.jp

 

WEARでも着用されている方がいましたが、ゆったりしたサイズ感で、1枚で着ても全然カッコいいです。

f:id:bo-yang:20210224215336j:plainhttps://wear.jp/guchi1208/16903800/

 

UNITED ATHLE

 最後は日本を代表するボディーブランド『UNITED ATHLE』のサーマルです。

 PROCLUBやPRO5に比べてサイズは小さめですが、ほどよりゆとりがあり、誰もが着やすいサイズ感になっています。

UNITED ATHLEのサーマルは裾がラウンドしているのが最大の特徴です。

1枚でも着れますが、パーカーやスウェットの下などに着ることでレイヤードも楽しめます。

また、今回の3ブランドの中で一番ヘビーウェイトな10.3ozのワッフル生地が使われています。

ムジ太郎もホワイトとブラックの2枚を持っていますが、かなりしっかりしており、冬でも暖かいです。

値段も3000円以下で買えるため、非常にコスパが良いです。

PROCLUBとPRO5は好き嫌いが分かれるデザインですが、UNITED ATHLEは多くの方に受け入れられるデザインで、どんなスタイルにも合わせやすいので、初めてサーマルを着る方にオススメです。

f:id:bo-yang:20210224221830j:plainhttps://www.united-athle.jp/ua/item/396001/

 

さいごに 

今回は『サーマル』について書いてきました。 

もともとインナー用として着られていたサーマルですが、今では多くのブランドから展開されている人気アイテムになってきています。

保温性や伸縮性などの機能面も優れていますし、凹凸感のある生地がコーディネートのポイントになもなってくれる使い勝手の良いアイテムです。

 Tシャツやスウェットなどに飽きた方はぜひサーマルを試してみてください。

きっとハマると思います。

どうも、ムジ太郎(@mujitaro_mujibu)でした。

 

関連生地

www.mujibu.co

www.mujibu.co

www.mujibu.co