Dickies(ディッキーズ)874をオシャレにはくならウエストはビッグサイズ、レングスは30!

f:id:bo-yang:20210119221257j:plain

どうも、ムジ太郎(@mujitaro_mujibu)です。

ワークパンツの王道といえば『Dickies 874』ですね。

丈夫でしっかりしてて、ラフに着ても全然へこたれず、しかも値段も安いと、かなり優秀なパンツです。

もともとは作業着ですが、スケーターにも愛用されてきたため、今ではストリートウェアのイメージも強くなってますね。

 

そんな『Dickies 874』ですが、なかなかオシャレに着るのが難しいです。

ジャストサイズだと作業着ぽくなるし、オーバーサイズで腰ばきすればスケーターぽくなり、若くなりすぎてしまいます。 

今回は『Dickies 874』をおしゃれにはく方法を紹介していこうと思います。

 

Dickiesとは? 874誕生の歴史

f:id:bo-yang:20210120222927p:plain

 

『Dickies』は1918年アメリカのテキサス州で創業したワークウェアブランドです。

創業当時は『U.S.オーバーオール』という社名で馬車や馬具を売るビジネスを展開してたんですよね。

1922年に創業者のいとこが会社を買い取り、『ウィリアムソン・ディッキー・マニュファクチャリング・カンパニー』という名に変更し、ブランド名を創業者のカーネル・ディッキーにちなんで『ディッキーズ』と名付けました。

 

順調に事業を展開していたDickiesでしたが、第二次世界大戦中にアメリカ政府の命令により、陸軍の制服を生産することになります。

それが結果的にDickiesの発展へと繋がるんですよね。

 

制服を生産したことで、会社が潤い、生産能力も上がり、高品質な物作りができるよになっていきます。

そして、1950年代に陸軍の制服用として開発したパンツを改良して、地元テキサスの石油労働者向けのワークウェアとして発売をします。

それが『874』の誕生です。

 

『874』は当時のワークウェアと比べ、非常に機能的だったため、アメリカの多くの企業でも採用されるようになりました。

 

そして、1980年代になるとアメリカ西海岸のスケーターが『874』をはくようになります。

太くて動きやすく、丈夫で敗れにくい、しかも値段も安いため、スケートに最適なウェアとして認識されたんですね。

1990年代に入るとグリーンデイやオフスプリングなどのメロコアバンドのメンバーや、西海岸を中心としたラッパー達が着用するようになり、次第にストリートウェアとして定着していったんです。

今では、ストリートウェアの象徴的なアイテムとなってますね。

 

Dickies874をオシャレにはく方法

そんなDickies874ですが、なかなかオシャレにはくのが難しいです...

先述した通りジャストサイズではくと、いたって普通ですし、オーバーサイズで腰ばきするとスケーターぽくなっちゃいます。

最近は90sがトレンドのため、レングス長めで下に溜めてはいている方も多いですが、どうしてもキッズ感が出てしまいます。 

 

ではどうやったらオシャレにはけるのか...?

答えは『ウエストはビッグサイズ、レングスは30』です!

 

ウエストを大きくすることで、ワタリなども広くなり、トレンドのワイドシルエットを作ることができます。

レングスはあえて短めにすることで、裾に生地を溜めずスッキリとはくことができます。

オシャレなブランドのワイドパンツをはいているような感じになります。

 

それはサイズ展開が関係しています。

ウエスト、ヒップなどのサイズは1サイズごとに2cm以上大きくなっていますが、裾幅はどのサイズもほとんど変わりません。

そのため、大きなサイズを選ぶほどテーパードがかかっている様になるんですよね。

なので、ビッグサイズを選ぶと、ワイドテーパードパンツのシルエットができ、オシャレに見えるんです!

f:id:bo-yang:20210126232430p:plainhttps://item.rakuten.co.jp/freshbox/dickies874_3/

 

ムジ太郎は182cm68kgでウエスト38インチ(98cm)、レングス30インチ(76cm)をはいています。

ウエストはガバガバですが、ベルトで締め上げれば、問題なくはけます。

注意点としては腰ばきをしないことです。

腰ばきをすると短めのレングス選んだ意味がなくなってしまいます。

 

f:id:bo-yang:20210126230617j:plain

f:id:bo-yang:20210126230656j:plain

 

 

ロールアップをするとさらにテーパードがかかって、またイメージも変わります。

5~6cmくらいの太さで綺麗に折り曲げてロールアップしてる方も多いですが、あえてラフにロールアップした方が、抜け感が出るので、個人的にはオススメです。

f:id:bo-yang:20210126230710j:plain

靴は少しボリュームのあるものを選ぶとバランスが良いと思います。

ニューバランスは相性抜群です。

今なら、クラークスのワラビーや、ティンバーランドの3アイレットクラシックラグなどのクラシックな靴に合わせるのもオススメです。

 

ムジ太郎が履いている810Sは値段も安く、履き心地も抜群なのでオススメです!

www.mujibu.co

 

Dickies(ディッキーズ)874をオシャレにはく方法のまとめ

今回はDickies(ディッキーズ)874をオシャレにはく方法について書いてきました。

Dickies874ってアイテムとしてはカッコいいんですけど、上手くはきこなすのが難しいんですよね。

ムジ太郎も買ったはいいが、しっくりこず、クローゼットに眠っているのも何本かあります。

いろいろなサイズをはいてきた中で、一番しっくりくるのが今回紹介した『ウエストビッグサイズ、レングス短め』だったんですよね。

ディッキーズをはきたいが、しっくりこない方は是非このサイズ感で試してみてください。

どうも、ムジ太郎(@mujitaro_mujibu)でした。

 

関連記事

www.mujibu.cowww.mujibu.co

www.mujibu.co